先物取引の概要について。

2016年6月25日

先物取引をご存知ですか?
日経225先物取引、というものを耳にしたことがあるかもしれません。
今現在の価格から、将来値上がりするのか値下がりするのかを予想して取引を行う取引方法です。
普通の株と違う点は、株の場合は将来値上がりすると予想した時は「今」買います。
一方で先物取引の場合は、将来買うことを「今」約束するという取引です。

たとえば、Aさんがとある1個150円の商品を、三か月後に100個購入する約束をしたとします。
価格は150円×100個で15000円ですね。

ただし、原材料の高騰により2か月後にこの商品は1個180円に値上がりしました。
そこへBさんがAさんからこの商品を買いたいと申し出てきたのです。

Aさんは100個15000円で購入した商品を、Bさんに100個18000円で売却することができました。
このとき、Aさんは3000円の利益を上げたということになります。

先物取引の利益の発生方法は、簡単に説明するとこのような感じです。

上記を踏まえて先物取引を始めようと思った時、疑問に思うこと。
それは、「リスクの回避方法」だと思います。

先物取引の場合のリスク回避方法として、「買いヘッジ」と「売りヘッジ」があります。

●買いヘッジ
将来価格が上がると予想しているものに対し、値上がり前の価格で購入する約束をすることで値上がりによる損を防ぐ方法です。
上記の例を引用しますと、とある商品の値段が三か月後に1個30円の値上がりを予測していれば、今の値段で三か月後に購入する約束をしておけば値上がり時の損を予防できます。
つまり、将来値上がりしても先物取引なら1個150円で購入できるということですね。

●売りヘッジ
買いヘッジの逆で、値下がりすると予測しているものを値下がり前の値段で売却する約束です。
上記の例ですと、とある商品が三か月後に120円になると予測するのであれば、AさんはBさんに対して三か月後に商品を100個購入してもらうよう約束をしておきます。
そうすれば三か月後、1個120円に値下がりしたとしても1個150円の時の値段のまま売却することができるということですね。
これにより、値下がりによる損を予防できました。

Comments (0)

Filed under: 日経225 — admin @ 12:00 AM

日経225先物取引はデイトレードにも向いています

2016年6月15日

日経225先物取引は、日経平均株価指数を売買するものです。
先物取引ですので、あらかじめ買う日時や売る日時を予約して取引ができます。
こうすることで、もし日経平均株価が上昇しても、予約したときの価格が採用されるので安く買うことができます。
また、信用取引のように空売りから始めることもできます。
日経225先物取引は、通常の株式投資と違い株券そのものを売買するのではなく、あくまでも指数を売買するものです。
ですから、空売り…売りから始めることも可能で、高く売って安く買うということも可能です。

これらの日経225先物取引の特徴を生かして、デイトレードにも向いていると言われています。
デイトレードとは「一日で売買を完結させるトレード」のことです。
購入した銘柄をその日の内に売る、または空売りしたものをその日のうちに買う…
このように、損益に関係なく一日で売買を完結させる方法です。

実は日経225先物取引は、日計り取引が自由にできるところも特徴のひとつ。
そのため、一日で売買を完結させるデイトレードに向いていると言われています。

デイトレードのメリットとしては、数日後の株価の動きは読みにくいですが、数分後の株価の動きの方が読みやすい。
そのため、売買のタイミングもつかみやすいでしょう。
また、海外市場(NYダウなど)の影響を受けやすいのが日経平均株価の特徴でもあります。
次の日に海外市場の影響を受けて、日経平均株価が下落…という危険を避けることもできます。

デイトレードのメリットがいくつかありますので、日経225先物取引のデイトレードに挑戦してみようと思う方も増えてきています。
ただし、あくまでも資金内で取引することを前提にしておきましょう。
当たり前のこと…と思うかもしれませんが、日経225先物取引は少額の証拠金でレバレッジを利かせて大金の取引ができます。
50万円前後の資金で1000万円の取引が可能…というのが、メリットでもデメリットでもあります。
デイトレードをするにしろしないにしろ、資金内で取引をしましょう。

Comments (0)

Filed under: 日経225 — admin @ 12:00 AM

日経225先物取引は証券会社選びで変わる?

2016年6月1日

株式投資は、ここ数年テレビなどでも投資家の特集がされるなど、とても人気が高まってきているものです。
今あるお金で株を買って、価格が上がった時に売る。
この方法で利益を得ることができますから、本業としてだけでなく副業としても人気があります。

しかし、株式投資には最初にまとまった大金が必要となります。
数十万円あればいい…と思っているかもしれませんが、それでは利益も大した額は得られません。
数百万円・数千万円程度を投資する必要がありますので、資金がない方には手が出しにくいかもしれません。

そこで、初心者の方には少ない金額で始められる「日経225先物取引」がおすすめです。
証券会社にいくらからの証拠金を預けるだけで取引ができるので、少額で投資を始めたい人におすすめです。

日経225先物取引は、まず証券会社選びが重要となります。
なぜかとうと、日経225先物取引は多くの証券会社で扱っています。
しかし、証券会社によって証拠金の金額も手数料も全く違います。

では、どのような証券会社を選ぶと良いのでしょうか?
だいたいのポイントは…
買建・売建のどちらもできること。
オプション取引の手数料が安いこと。
ストップロスが適用できること。
サポートが充実していること。
これらのことが挙げられます。

最近は多くの業者が、これらのポイントを抑えていると思います。
しかし、いくつかの証券会社は買建専用口座のみであるとか、オプション取引の手数料が高いところもあります。

いくつかの証券会社を比較したけれどわからなかった…
そういう方は、複数の証券会社の口座を利用してみてもいいと思います。
だいたいは口座開設無料!というところばかりですので、取引をしなければお金がかかることがありません。
実際に使ってみて使いやすいところを選ぶ…という方法でもいいと思います。

使いやすくても、サポートの充実さは満足できるところを選んでほしいと思います。
専用のサポートデスクがあるとか、メールで問い合わせも可能とか、返信が早い・丁寧など…
サポートが充実しているところを選べば、初心者でも安心して先物取引がしやすいと思います。

Comments (0)

Filed under: 日経225 — admin @ 12:00 AM

株に関するブログをご紹介します。

2016年5月19日

株式投資や日経225関連の投資にご興味がある方にとって、投資家のブログというのは非常に役立つ内容が多いのではないかと思います。
なぜなら、
・実際の投資スタイルを垣間見ることで投資のイメージがしやすいこと
・投資のノウハウを盗むことができること
・どのような投資が自分に向いているのか把握できること
などが挙げられるでしょう。
本日ご紹介する『株と私』というブログも、これから投資をしてみたいと考えている方にとって有益な情報がたくさんあるのではと思い、ご紹介する運びとなりました。

さまざまな記事があるのですが、特に私が注目したものが「投資といえばどんな方法がある?」というもの。
たくさんある投資の中でも、特に株式投資に関する知識が豊富に盛り込まれています。
配当金、株主優待という耳にしたことがあるワードから、キャピタルゲイン、長期投資や短期投資といったかなり踏み込んだ専門用語まで豊富な話題でとても楽しく読むことができました。

さらにはFXという外国為替に特化した証拠金取引のコラムもあり、今多くの投資家が運用しているFXのことも学ぶことができたのはうれしかったですね。
どのように利益を上げていくのかをわかりやすく説明してくれていますので、まさに投資初心者向けと言ってもよいでしょう。

他にも注目していただきたコラムとして、「資産があるなら安定的な投資を」というものもあります。
こちらは財テクによって利益を上げる、何もせずにお金を稼ぐということの真髄が記載されており、まさにそのような投資スタイルを目指している方にとっては絶対に参考になる内容ではないかと思いました。
中でもインデックス投資で少しずつ資産を増やしていくという投資方法があるということを知ることができたので非常に勉強になりましたよ。
どうやら投資初心者の方でも気軽に始められやすいようなので、検討してみてもよいのではないでしょうか。

ブログへのアクセスは、こちらから行えます。
ぜひ活用してみてください。

Comments (0)

Filed under: 日経225 — admin @ 12:00 AM

株やFXを始めるなら専門用語を覚えよう

2016年5月9日

将来の安定した生活のために何かはじめていますか? 年金や貯蓄で生活がまかなえるなら心配ないのですが、未来のことは誰にも分かりませんから漠然とした不安が残りますね。働いて稼ぐお金には限度があります。将来のためにと資産運用のために株やFXをはじめている人が増えていることをご存知でしょうか。

ときどき日経225などに関するニュースを見ていると、投資家と思われる方々がインタビューに答えている様子を見ることがあります。年代は幅広いですね。若い方から年配の方まで、幅広い世代の方が投資家として資産運用をしています。いつか自分もはじめてみたいと思いつつ、なかなか重い腰が上がらないという方も多いのではないでしょうか。

まずは専門用語をひとつずつ覚えてみてはいかがでしょうか。初心者向けのガイドサイトや証券会社、FX情報サイトなどで分かりやすく解説してくれています。例えば「指標」というフレーズがありますが、株の場合は株価指標、FXの場合は経済指標というフレーズで使われています。株価指標というのは、それぞれの企業の株価を比較して評価するときに使う尺度を意味しています。情報はそれぞれ証券会社の公式サイトなどで確認することができます。経済指標というのは、景気や物価、貿易、金利などの経済活動を数値化したものを意味しています。公的機関が調査をして発表をするため、信憑性が高い情報となっています。

このように、初心者として始める際には株もFXも専門用語がたくさんあるので、ひとつずつ覚える必要があります。いまさら新しいことを覚えるのはちょっと苦痛という場合でも安心してください。情報サイトや証券会社などで情報を公開しているだけでなく、仮想システムを導入しているところがあるので疑似体験が可能です。実際に仕組みの流れに触れることで覚えていくという方法もお勧めします。大切な資金を運用するわけですから、役立つ情報は貪欲に集めていきましょう。

Comments (0)

Filed under: 日経225 — admin @ 12:00 AM